実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-17 Tue 07:37
ソニオタの悲哀
プロフのとこに写真載せてるバイオノートZ様が、大人の人間が飲むと気分がよくなる飲み物を飲んでしまい、体調不良になって今日入院なされるので、昔使ってたデスクトップPCを起動させてみました。

第一印象。
ありえNEEEEEEEE!!!!!!!win98(98SEではない)のマシンなのですが、なんかするたんびにHDDからゴロゴロゴロ・・・とお腹が悪いような音が鳴って、数秒待たされます。さすがK6-2@400Mhz!USB刺すたびに再起動。ファン回りっぱなし。

PCのガワはもう、文句のつけようがないくらいかっこいいんですがねぇ・・・物欲って、最低限の性能はないと、いくら物の出来がよくても満たされないものなのかもしれません。

しかし!リハビリに、と思って数時間使ってたら、慣れてきた。最初は、昔はよくこんなマシン使ってたもんだな、とか思っていたのに、「タブブラウザもアウトラインプロセッサもまともに動くし、まぁ、いいかな」とか思い始めてしまいましたw
つか、このマシン、VAIO COMPOっていうんですが、初めて買ってもらった自分専用のPCなんで、めちゃくちゃ愛着があるんですよね。1999年当時、だっさい乳白色のパソコンばっかりがお店に並んでる中、全身アルミボディーのAV機器のようなルックス、当時はほとんどなかった、デスクトップなのにモニタは液晶、スロットインドライブ、ワイヤレスキーボードと、ぶっとびまくったマシンでした。一目ぼれです

vaio compo



今でもこれに勝るデザインのデスクトップPCはほとんどないと思っています。(このあたりが俺をソニオタにした原因かも・・・w)とにかく安全に売上を考える、普通のメーカーじゃ絶対やらないような暴走を見せてくれるソニーが俺は大好きでした。。。(過去形。今は守りに入ったようなのが多くて、なかなかわくわくさせてくれなくなりました・・・液晶TVのブラビア然り、HDDウォークマン然り)。それでもまだ昔の名残はあって、たまにすさまじく物欲を刺激してくるぶっとんだもんをだしやがるので、たちが悪いのです。これだからソニオタはやめられない(笑)

あ・・・このマシン、画面の解像度がXGA(1024x768)なのですが、入院したマシンがSXGA+(1400x1050)なので、画面が狭い!スクロールの頻度や視線移動の回数がしゃれならん。疲れる!しかし、サブノートを中心として、今でもXGAのPCを使ってる方は多いと思うので、今までやたらでかい解像度の写真をアップしたりしてたのは、ほんっとに見づらかっただろうなぁ、と反省することしきりです(横スクロールのバーとか出てくるとほんとに鬱陶しいですもんね・・)。ごめんなさい。
これからはちゃんと圧縮して解像度を落としてアップしようと思った朝でした。

ちなみに、初日に紹介した、VAIOtypeRmasterですが、WUXGA(1920×1200)の24型ワイド液晶です!!ツインユニット構成や拡張性よりも何よりも、実はこれが一番魅力的だったりします!!マジでこの液晶はいいです!ナナオの同クラスのよりいいです!

ああ、こんな広大な画面が欲しい欲しい欲しい欲しい!!!!!もう、一回行ったら戻ってこれない、禁断の夢の国のような気がします。どんだけたくさんの情報を一気に表示できるってんだー!!!ハァハァ。もちっと金ためて、デュアルモニタか、WUXGAクラスのモニタ環境を構築したいもんです。ハァハァ。
スポンサーサイト
別窓 | PC | コメント:2 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。