実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-10-27 Fri 19:32
付属のイヤフォンって、交換前提のものですよ。
俺はオーディオオタクでもあります。つか、ソニオタになる前からそうでした。つまり、俺の起源です。

オーディオで音を鳴らしたときに音を決める要素は、部屋の音響、アンプ(パワーアンプやプリアンプ、プリメインアンプ)、プレイヤー、ケーブル、スピーカースタンド(インシュレーターもここかな)、スピーカーなどがあり(もちろん設置の仕方も)、凄まじくたくさんの機器が重なり合って音を決めるわけです。で、ですね。こん中で、一番金かけずに、音質アップできるところはどこか!

スピーカーです。
つまり、音の出口に近いほうが、音質向上に貢献する割合は大きいのです。

これを、iPodなんぞの携帯オーディオプレイヤーに当てはめてみますと、スピーカー=イヤホンとなるわけですね。
もちろん、mp3(lame)かAACで、最低限192kbpsでPCに取り込んでおく、とかは基本になってくるわけですが、何はともあれ外で聴く場合、大事なのはイヤホンです!!!

長い前置きでしたが、これから予算に応じたヘッドホン(イヤホン)講座を開いてみたいと思います。

~2000円:大抵のポータブルオーディオに標準でついてくるイヤホンはここらへんです。もちろん勧めませんよ。

2000円~7000円:ずいぶん荒く切っちゃったのは、俺が興味ないから値段相応なものが多いからです。まぁ、各メーカー、3千円オーバーのを買えば、純正との違いははっきり認識できるのではないかと思います。このあたりは各自の予算次第ってとこっすね~。まぁ、メーカーの傾向として、ソニーの「ドンシャリ」(=低音と高音をやたらブーストして、派手な音に思わせる)が有名っすかね。他のメーカのこの価格帯のはあんまり研究してないんでよくわかりません(汗)ただ、、純正のが数百~せいぜい2千円程度のものなので、このクラスに替えるだけで、相当な音質向上が見込めると思います!!
例外:PortaPro:2,3千円のくせしてやたら低音だけ迫力がある。そんかわり、音漏れがすごい。

*ちなみに俺は、中学時代から、MDR-E888っていうソニー製のイヤホンを、通産5個くらい愛用してました。(いずれも大破してシボンヌ(チャリにまきこまれたり、ふんづけたり)・・・でも、これ今でも売ってる超ベストセラー商品で、音は確かです。坂本龍一も使ってました。)

で!やっと本題の本題です(汗
今オーディオオタクの間では・・・・ってか、一般人にも普及してるんですが、ここ数年、カナル型イヤホンが大ブームです。

カナル型?何それ?って人も多いんだろうなぁ・・・。ま、要するに耳栓型のイヤホンで、遮音性能GOOD!音質GOOD!な一品なんです。
耳の中で、こんなオーケストラが演奏されてるなんて信じられない!ってな感じになるのは絶対かと。
俺の友だち数人に聴かせたら、「これiPodの音じゃねぇよ!」って言ってましたw
まぁ、これは、今俺が使ってる、Ultimate Ears社のSuper.fi 5proの感想ですが。マジで凄まじいですよ!!!
低音の抜け・締まりはいい、高音は低音にマスクされることなく澄んだ音で鳴る、中音域のバランスもいい、と文句のつけどころがないんです!(ただ、エージングは必須です)。俺、大体のイヤホンで、使ってるうちにアラが見えてきて嫌になってしまうタイプなんですがねぇ。これは外に出かけるたびに感動をおこしてくれます。この音楽、こんな音が鳴っていたのかー!!!って。

まぁ、3万以上する品なので、ちょっと手がでねーよ!!って方にはShure社のカナルがいいかと。音に癖がないので、万人にお勧めできるものです。これは1万ちょいからあるので、お求めやすいかと思われます。数千円クラスのカナルは国産でいくつか販売されているんですが・・・まぁ、純正よりはずっとマシだろな、って感じです。

個人的には、ってか普通のAVオタじゃない方には、一万円少々で買えるお手ごろなものとして、Etymotic ResearchのER-6iがお勧めです!これもヨドバシで相当な時間試聴しましたが、うまくまとまってるなぁ、という感想を持ちました。(裏返すと、個性がない、ってことになっちゃうんですが・・まぁ、こういうのの、自分好みの音を見つけるのも楽しみって事でw)iPod使いじゃない方は、Shureのがいいかと。

お手持ちのポータブルオーディオの実力が、しょぼい付属のイヤホンのせいで引き出されてないのはもったいない!数千円のでもいいので、変えてみると音の世界が一変しますよ♪

それにしても、俺んち、どんだけたくさんヘッドホンあんだ・・・・
2万以上したヘッドホンがそこらのケーブルと一緒に転がってるのを見ると、複雑な気分になります(´ω`*)


追記当然ながら、カナルでも、値段やメーカーによって相当変わってきます。5千円以下で買うなら、sonyのかな?低音大好きならThe Plugもありかも(・・・ちょっとブーミーなんで、俺はあんまり好きじゃありませんが(汗))。
ただ、イヤホンやヘッドホンって、1万5千円以上とそれ以下で大きな壁があります。上記ER-6iは、一万円ちょいで、それ以下の値段の物とは大きく音が変わるものの代表ですかね。ShureのE2cもメジャーです。
その上、ってなると3万クラスのになってきます。このあたりになると音の分解能(ボーカルや各楽器がちゃんと分かれて聴こえること)が段違いになります。また、5proの音場の広さは素晴らしいです(頭の外にも楽器が並んでるように聴こえる)。あと、Etymotic ResearchのER-4Sの解像感、音の定位はずば抜けてます。ShureのE4cはナチュラルな鳴り方をします。ただ、正直あまり面白い音ではないかな、と思いました。解像感もちょっと見劣りしました。Shereのって、世間での評判はいいのですが・・・。格好は3つの中で一番いいです(ER-4Sとか、解像感に死ぬほど惹かれましたが、あまりにもダサすぎて・・・orz)。
これ以上・・5万とか、10万とかのは、ぶっちゃけ自己満足の世界ですw低音用と高音用のドライバを積んでたり、自分の耳の形に合わせて作ったりと、いろいろあるんですが、2、3ドライバにしたせいで音のつながりやバランスが悪くなったり・・自分がヨドバシで視聴した5万クラスのは、そんなによくなかったです。まぁ、このクラスのを買われるような方は、俺より知識あるんだろうし、余計なお世話ですね(笑)あ、5proもデュアルドライバですが、中音域がへこんだりもせず、音のバランスは良いです。

Shureから、Eシリーズ最高峰のE500ってのが出てて、すこぶる評判が良く、めっさ欲しいのですが、6万・・・ポータブル用途にはちと苦しいorz
断線したらそれで終わりなわけですし・・・。あ、その点、5proはケーブルが交換できるので、断線しても安心です♪

Ultimate Ears 9900-40732-12 SUPER.FI 5 PRO/WHITE Ultimate Ears 9900-40732-12 SUPER.FI 5 PRO/WHITE
()
Ultimate Ears

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。