実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-12-09 Sat 16:32
3200ES購入、踏みとどまった!&PS3のPS2互換性能について。
TA-DA3200ES、ぎりっぎり踏みとどまりました!!
理由1 
3200ESの自動音場補正機能(DCAC)が5.1chまでしか対応していないことが判明!!(7.1chのアンプなのにそれはねーだろ、ソニーさん)。現状の5.1ch環境に、もっといいフロントスピーカー2つを加えて7.1ch環境を構築しようと目論んでた自分には致命的でした。8つのスピーカーを素人が手調整(耳調整?)するのは、ほとんど不可能っすよ・・・。


追記:2chの該当スレを読んでみたところ、これは間違いの様です。ソニーに直接確認をとった上での情報だったのですが・・・。3200ESの購入を検討してこのブログを訪れて下さった方々、申し訳ありませんでした。

理由2
PS3(やXbox360)のメインはドルビーデジタル(&dts)。これは今持ってるAVアンプでも対応してるので、そう焦ってアンプ買い換えることもないかな、と。(別の観点から言うと、今AVアンプを所有されてない方は、スピーカー込みで数万の安いシステムでもいいので、サラウンド環境を導入すると、感激できること間違いなしですよ♪)
あと、AACデコーダも、テレビはPSXで録って見るってスタイルが定着してる自分にとっては、意味ないことに今更気付いたり(RecPot欲しいなぁ)。

理由3
自分の場合、AVアンプって24時間稼動してるものなので、音質云々抜きにしても消費電力が圧倒的に小さいデジタルアンプの方がよい(今使ってるローエンドのアナログアンプ、DSP-R795ですら310ワット・・・これよりずっとスピーカー駆動力のある、デジタルアンプのTA-DA7000ESはなんと200ワットしか消費しない)。

理由4
3200ESはHDMI1.3非対応。TA-DA7000ESの後継機がHDMI1.3を搭載(ほぼ確実)し、かつ来年の遅い時期投入なら、ドルビーデジタルプラスにも対応する可能性大!(別に決まってるわけじゃないんだけど、各社、AVアンプは9~11月に発売されることが多いのです。)

理由5
D端子がついてねぇ。いや、これはD⇔コンポーネントのケーブル買えば済む話なんすけどね。

理由6
やっぱローエンドじゃ、なんか物欲が100%満たされない(笑)今持ってるのと同じグレードのAVアンプを買うのもねぇ。いや、音質は比べるまでもなく3200ESの方がいいのはわかってますよ。わかってますけど・・・やっぱ次はミドルエンドのがほすぃ。

ソニーに聞いたところ、TA-DA9100ESのHDMIは、リニアPCM192kHzには対応していないそうです。かつ、8chのPCMもアンプ側で受けられないとのこと。(←これ、ほんとかなぁ?)

追記:ソニーの音響エンジニアである、かないまる氏のサイトによると、TA-DA9100ESは非公式ながらリニアPCM192kHzに対応させることができるようです。8chのPCMは9100ESでは受けられません。

まぁ、いずれにせよ9000系はさすがに買えないので、以上の点を改善した(っつかしろw)TA-DA7000ESの後継機を買おうと、やっとふんぎりがつきました(できれば、かないまるチューンで出してくれー)。


ところで、メモリーカードアダプター、どこにも売ってなくてびっくり&ショボンヌ(´・ω・`)してたら、なんと近所の西友に売ってました(笑)西友、あなどれん。

で、互換性能なんですが、確かにPS3、PSXより音はいい。しかし!!なんか画面がざらざらしてるのです。かる~~~~~くモザイクがかかったみたいになっちゃいます(「なんか画質悪い?あれ?よ~く見るとキャラの縁取りが少しだけギザギザしてるかも??」程度ですが。あと、FF12でしか試してないけど)。HDMIで接続してるのがよくないんだろうか。でも、PSXもD5接続だから、信号自体はデジタルかアナログかの違いしかないはずなんだけどなぁ。せっかく買ったメモカアダプタだけど、精神衛生上よくないので、当分PSXでやろう・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-12-06 Wed 18:44
AVアンプが欲しい病の峠を越えるための自分メモ。
AVアンプが欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい(以下1000・・・しつこい。

まぁ、この病気にかかるのは何度目かわからないんですがねー。今まで数え切れないくらいの山を乗り越えてきました。一番おっきかったのはドルプロⅡ山です。

で。下手に地デジ・BSデジとか見られる環境になったせいでAAC山までそびえたってきちゃいました(いったいどれくらいの割合の番組が5.1chで放送されてるんだろう・・・誰か教えて~)。まぁ、なんだかんだ言って一番大きいのは、ここ数年ゲームがドルプロⅡに続々対応し始めたことですが。

余談:一昨日のエントリーを書いた後、アンプ周りで遊んでいた時気付いたこと。PS3の音質、凄いです。最近ストーリーの半分くらいで断念してたFF12(ドルプロⅡ対応)なんぞをちょこちょこやってたりするのですが、これをドルビープロ・ロジックで鳴らした時でもPSXとは音が全く違う。デコードしてるのは同じアンプなのに。あらゆる音域の伸びが別次元です。例えるなら、IPodと単体オーディオのCDプレイヤーくらい違います。なんでここまで違うんだろう・・・PS3で音がいいのはSACDだけじゃなかったの?う~ん、わからん。
でもま、1500円で今日からいい音でゲームできるぞ♪ひゃっほい。(一回PS3内の仮想メモリーカードにセーブしちゃったら、そのデータはHDDから書き出せないって思い込んで、メモリーカードアダプタを買わなかったのが馬鹿らしく思える。)

話は戻って3200ESについて。AVアンプ(つか3200ES)が欲しい病を乗り越えるための理由を無理やり列挙してみる。

・音声対応HDMI伝送の品質がまだこなれていない。

・ローエンドよりちょい上価格の3200ESはHDMIが入力2系統など、やはり端子の数が値段相応。R795持ちの今は、これのせいで相当苦しんでるので(ローエンド機にしたことをめっさ後悔した)。AVアンプにおいて、入出力系統は多ければ多いほどよいやっぱミッドハイの7000系は違います。(追記:嘘です。よくよく調べたら、D端子がコンポーネント端子にすり変わって、iLinkがついてるくらいで、3200ESと7000ESとでは、端子数自体はそう変わりません。少ないのには変わりないけど・・・実売9万弱って値段からしたら頑張ってるほうじゃないですかね。)

・アナログ映像信号をHD信号に変換して(←追記:誤解を招く書き方すみません、IP変換機能とは、単にインタレース信号をプログレッシブ信号に書き換えるだけです)、HDMI端子から出力するIP変換の、1080p対応(3200ESは1080iまで)。アップスケーリングをAVアンプに期待するのもなんだけど。そもそも7000ESの後継機が、これができるようになるかわからないし。

デジタルアンプでS-master PROはやっぱ非常に魅力的(3200ESはS-master PROとか関係ない、アナログアンプ)。

・31バンドGEQの9100ESよりもさらに洗練されたDCAC(自動音場補正機能)に期待(3200ESは6バンドPEQ)。

・もしテレビを買い換えたら、HDMI接続で、再生機→アンプ→TVができなくなってしまう(3200ESはHDMI1.3対応じゃないから)

・ぶっといスピーカーケーブルは接続しにくいらしい。1万/mのモンスターケーブルを、今のアンプに接続するのにてこずっている身としては、新しく買い換えたアンプでは同じ思いをしたくない。

・iLink端子がもしかしたら残るかも(HDMIが音声対応になったおかげで、多分消えるだろうけど)

・7000ESの後継機、早ければ半年後には出てるかも!そのときの精神的ダメージ(まぁ、3200ESをオークションでうっぱらえば、ほとんど痛手はないんだけど)。


・・・これだけたくさん3200ESを買わない理由を書きたててみても、まだ苦しいorz
TA-DA7200ES(多分この型番)、早く出てくれ~!!!じゃないと本気で3200に特攻してまうヽ(;´Д`)ノ

追記:4日と6日のエントリーでドルデジⅡとか書いてたものは、全部ドルビープロ・ロジックⅡの間違いです(直しました)。ドルビーデジタルⅡなんてものはこの世に存在しません。恥ずかしい・・・(*ノノ)
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-12-04 Mon 16:27
AVアンプが
欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい(以下1000回繰り返し

病にかかってしまいましたよ、ええ。

だって今使ってるAVアンプ、ヤマハのDSP-R795っていう大昔の普及価格帯のやつで、世の中はまだ、5.1ch?なにそれ?おいしい??って頃のモデルなんですもん!当然の如く地デジやBSデジタル放送で使われてるAACはおろか、ドルプロⅡにすら対応してない骨董品なんすよ!dtsも規格がギリギリ決まった頃で、アンプについてるロゴが正規のものじゃありません!!!(ヤマハのエンジニアが型紙にdtsって文字を写し取って、手作業で作ったらしいw)

いくらなんでももう引っ張りすぎでしょーって感じっす。引退せよ、おまいはもう十分すぎるくらい働いた、という神の声が聞こえてきます。

そしてここにきてソニーからTA-DA3200ESという、なんかやたら評判のいいAVアンプが登場してきてしまいました。これ、PS3と相互にリファレンス機として使われたようで、今後出るロスレス規格もPCMアウトできるPS3とは相性抜群の様子(詳しくはソニーの音響エンジニアである、かないまる氏のホームページを参照)。しかも(AVアンプとしての能力考えると)異常に安いし!鼻血でそう。

DolbyDigital TrueHD、dts-HDをアンプ側でデコードできるようになるであろう、TA-DA7000ESの後継機まで待つって決めてたのになぁ・・・決心がゆらぎつつあります(笑)HDTV買った時、秋葉のヨドバシにはとあることで偶然借りを作らせちゃったので、今なら店員指定して普通より値引きさせられるしw

う~ん、これ買っちゃうとVISTAマシン、しょぼいのしか買えなくなるしなぁ・・・迷うところ。でも、友達の家に遊びに行く途中でふらっとヨドバシに寄って、買ってしまいそうな俺ガイル。

こんなことならSHUREのE500PTHじゃなくて、もうちょい安いイヤホン買えばよかったかも(あ、実は物欲に負けてE500買ってしまっていたのです(笑)200時間くらいは鳴らしこんで、そろそろエージングも済んだ頃だと思うので、そのうちレビューしてみます)。
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。