実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-05-26 Sat 17:53
なにこの変態マシン!!!!!
長い間放置プレイが続いていた、このブログ。でも、コレについて書かなかったら、デジタル物好きとは到底言えない、ってことで、書きます。一言で言うと、

PS3、SUGEEEEEEE!!!!!!!!

昨日システムソフトウェアVer1.8がリリースされたのですが・・・・・更新内容を聞いたとき、そしてその効果を体験したときは、鼻血がでそうになりましたw

以下、SCEのサイトより、具体的な内容。

ちょっと長いので、続きを読むから。
なにこの変態マシン!!!!!の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-05-10 Thu 02:14
祝!久米田康治、講談社漫画賞受賞!!
われらがくめたんが、とうとう漫画賞受賞しました!

アニメ化、漫画賞受賞と、今年はくめたんすごすぎます。
(穿った見方をすれば、講談社が講談社の漫画に賞をあげて、アニメの試聴率を稼ごうっていう風にも捉えられますが・・・てか、そうなんだろうけど・・・それはとりあえず置いとくとして)。アニメ化と漫画賞受賞を、くめたんがどう自虐ネタに持っていくのかが楽しみですw

てか、『おおきく振りかぶって』が一般部門、『さよなら絶望先生』が少年部門って、どういうことなんだw絶望先生、よっぽどマニアックな中学生ならともかく、小学生なんかにとってはネタが意味不明で面白いとは思えないんだけど・・・w(まぁ、載ってる雑誌が青年誌と少年誌で違うせいだとは思いますが)。
訂正っぽい追記:『おおきく振りかぶって』、単行本7巻まで買って読んでみました。これは一般部門で間違いない漫画です。素晴らしいっす。amazonのレビューで、「敷居は低いけど奥が深い」っていうのがありましたが、まさにそんな感じ。少年部門は該当なし、絶望先生はマニア部門で受賞ってとこが妥当なんじゃないっすかね(笑)

『おおきく振りかぶって』、今まで頭の片隅にあるくらいだったんですが、これを機会に、ニコニコ動画で、今現在放映されてる分のアニメを見てみましたが、さすが面白いですね。作者が女性なだけあって、心理描写とかが巧みです。キャラもたってて、それぞれに好感がもてます(みんないいやつ)。

それにしても、おおきく振りかぶっての、ニコニコ動画のコメントのカオスぶりにワラタwコメントのせいで、完全にウホッ!なアニメになってしまってますww是非見てみてくださいな。結構笑えます(あ、でも一回目はコメント消して、ストーリーを純粋に楽しんだ方がいいかも)。

追記:ニコニコ動画、BS-iバージョン(16:9のハイビジョン)の方がずっと画面が広くて、4:3で切れてる所も見れます。アニメも徐々に16:9で作成されたものが増えてきましたね。いじょ、エントリーの内容を無理やりブログタイトルにこじつけてみたw

『おおきく振りかぶって』、漫画買ってこようかなぁ~。・・・問題は置き場所だ(収納スペースがないorz)

おおきく振りかぶって Vol.7 (7) おおきく振りかぶって Vol.7 (7)
ひぐち アサ (2007/01/23)
講談社

この商品の詳細を見る


絶望先生関連のエントリーってことで、今日のワラタコピペは絶望先生ちっくなのにしてみます。これが妙にツボったのは、絶望先生ネタとかぶってるからだって、保存してから気付きましたw


今日のワラタコピペ。

ふいんき(←なぜか変換できない)
ぜいいん(←なぜか変換できない)
げいいん(←なぜか変換できない)
すくつ(←なぜか変換できない)
がいしゅつ(←なぜか変換できない)
ふくれき(←なぜか変換できない)
ていいん(←なぜか変換できない)
せんたっき(←なぜか変換できる)
ほっぽうりょうど(←なぜか返還されない)
くうき(←なぜか読めない)
romantic(←なぜか止まらない)


さよなら絶望先生 第8集 (8) さよなら絶望先生 第8集 (8)
久米田 康治 (2007/04/17)
講談社

この商品の詳細を見る
別窓 | 雑文 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。