実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-16 Wed 14:01
おお、すげー!!
ちょっとここ最近の出来事の中で、ダントツにびびりましたよw

何かって、それはVAIO typeZのことです。
なんと解像度1600*900

ちょwおまwwって感じです。TZ買ったの、マジ後悔した!って一瞬思いましたよw

SSDのストライピングができるとか言ってるじゃないですか!!これだけ見たときは、ほんとに後悔しました。・・・が、オーナーメイドの欄を見て一安心。TZみたいに、起動ドライブにSSD、データ領域に2.5inch5400回転HDDを載せることはできないんですね。SSD*2のraid0か、320GBのHDDか、の2択になってました。

1600*900の解像度に加えて、それなりのグラボ、1.35kg、んでもってSSD+HDDの構成ができるなら、ほんとうに後悔するところでした。

あぶねえ、あぶねえw

でも、前にも書きましたが、「持ち歩けるメインマシン」として、一台で全部済ませよう、という方に対しては、どのメーカーのどんなPCよりも(ソニー含め)お勧めできるマシンですね(注1)。

まぁ、TZの方が重さもスタミナも勝っていたので、ほっと胸をなで下ろした次第です。妥協の一切ない、何もあきらめないマシンであるZに対して、モバイルに徹底しているTZ、という、マシンのコンセプトを考えれば当たり前なんですが。重さやスタミナで、ドライブを廃する、という割り切ったマシンであるTZが後塵を拝してたら、TZの立つ瀬がなくなってしまいますからねw

TZとRMを持つ身からしたら、中途半端なマシンに見えてしまいます。何でソニーはSSD+HDDができないようにしたんだろう??ソニーがZというレターに込める意味は、アルファベットの最後ということで、“究極”を表しているからなんですが、それならばSSD+HDD+ディスクドライブ、の2スピンドルマシンにするべきでしょうに。おそらくSSD+HDDはコスト上無理だったのでしょうね。それをTZで実現させていたのは、10周年記念モデル、ということで、コスト度外視だったからだと思われます。

まあ・・・今からどのマシン買う?って聞かれたら、Zの発売される、8月まで待つかもしれませんがw前代Zが壊れるのがもう少し遅かったら、Zにするか、TZにするか、すんごい悩んでた・・・かも?wZがTZの代わりを務められるか?と聞かれれば、答えはNOなので、後悔はないですけどね。いやほんとにw

まとめとしては、ソニー最強なんじゃね?っていう布陣です。ラインナップに隙がありません。さすが。キータッチや静音性に要注目です。


・・・関係ないけど、ミスチルの新曲『GIFT』。最高すぐる。消されてたら⊂⌒~⊃。Д。)⊃

桜井さん、ありがとう。

(注1)モバイルマシンをいくつか使ってきた経験からすると、TZの11.1インチはいいのですが、Zの13.1インチというのは、電車や待合室など、人が並んでる中でひろげるには、(よっぽど神経が図太い人でない限り)はばかられる大きさです。購入する人は、自分の用途をよく考えて、検討すべきでしょう。(俺の場合、鞄にTZがぴったりサイズで、Zは入らないから、選択の余地はないかな・・・)
スポンサーサイト
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-07-16 Wed 06:54
リモートスピーカー、ブラビア。
いや、リモートサーバーTZと書くべきなのかもしれませんが。いずれにしろ、DLNAのごくまっとうな使い方。・・・なんですけど、自分的にはちょっと斬新でした。

TZをサーバーにして、VAIO Media Plisでその中のコンテンツ(音楽・ビデオ・写真)をブラビアに無線で配信する(TZにケーブルの類は一切つながっていない)→ブラビアは光デジタルでAVアンプ(TA-DA3200ES)につながっているので、それをNS-F525で聴く、という、ただそれだけのことです。

でも、なんか斬新に思えたんですよねえ。

なんでだろう。多分、サーバー(TZ)→TVが無線という点が第一。それから音楽再生なのに、クライアントがTV、しかも高音質という点が大きいのではないかな、と思います。
実際不思議な感覚です。テレビで音楽を聴くって。まぁ、(テレビも消費電力大きいですが)消費電力の大きなデスクトップマシンやPS3を起動させずに、ノートPCとTVの電源を入れるだけで、かなり本格的な音をカジュアルに楽しめるのは、いいですよ、やっぱ。
DLNAって、なんか大仰な感じが実は少ししてたんですが、それの原因が、デスクトップマシンやPS3という、消費電力の大きな機械を経由しなければならない点にあったのか、と合点がいった次第です。

そして、前のエントリーで書いた、HDMIをVAIOが搭載!っていっても全くピンとこなかったのは、ここに理由があったのか、と。つまり、有線(HDMIしかり、音声ケーブルしかり)であることが、自分の中で、「面白くないもの」として処理されていたんだなー、というわけです。
思い返せば、無線LANの黎明期に、ねっころネット(無線で、ケーブルレスでネットを布団の中でネットをするw所謂ラッコトップ)をやり始めた頃から、俺の琴線に触れるキーワードのひとつが、「無線」なんですね。

こう書いていると、近々、ほぼ確定事項なんですが、イー・モバイルで、どこでもネット接続を高速でできるようにする予定なのですが、これを今まで導入してなかったのが自分でも不思議に思えてきました。


それにしても、このブログ、すっかりTZで、ねっころがりながら布団の中で更新するのがデフォルトになってきたなぁwRMはハイビジョン録画機&サーバーに徹していて、24インチのWUXGAのディスプレイ2台は電源を元から落とされて、泣いています(笑)
別窓 | 技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。