実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-11-22 Sat 17:40
PLAYSTATION@HOME
HOMEのクローズドβテスターに当選しました。まぁ、申し込みした人は、大抵当選してるようですがw

利用規約が結構厳しく、テスターとして知り得た情報は、外に漏らしちゃいけない、ということで、あんまりいろいろは書けないんですが・・・仮想現実ってこんな感じなんだー、と強く思いました。アメリカンな顔が多い中、なぜか俺は、自分そっくりの顔・髪型のアバターを作ることができ、昨日、早速DLして、いろんな施設を回ってみました。

まだβということもあり、いくつかの遊技施設が稼働しているほかは、プロモなどが流れる電光掲示板をみんなで眺めたり、といったことくらいしかまだできなかったのですが、チャット周りがよくできており、あれこれ感想を言いながら、何人か新しくフレンドになることができました。

そこに吹く風までをも感じさせてくれるほどの力の入れようで、ゲーム(機)の可能性をまた一つ、感じさせてくれるものでしたね。まだまだ、どんどん進化していってくれそうな感じがすっごくしました。

SCEは守りに入らず、果敢に新しい技術や取り組みにチャレンジしているので、非常に好感がもてます。がんばれSCE!
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-22 Sat 16:58
last.fm
前回、VAIO MusicBoxを使ってます、と書いた、舌の根も乾かぬうちに、音楽の聴き方が根本的に変わりました。知っている人は知っている、last.fmです。名前だけは知っていたのですが・・・詳しく教えてくださった、きよぽんさんありがとうございます!

一言で言うと、音楽の趣味が近い人とお友達になれたり、自分の好きな音楽と似た傾向の音楽をどんどん発掘できるツールです。これ、音楽人生始まって以来の大革命でしたよ。タグや、似た傾向の音楽が好きな人や、アーティストを伝って、自分の知らない世界をどんどん開拓することができます!

最近、中高生の頃のように、日々新しい音楽と出会うという、刺激的な毎日とはほど遠い生活を送っていて、もう歳かな(笑)とか思っていたんですが、なんか、自分の中の熱いものがわき上がってくるのを感じました。

やっぱり音楽って楽しい!NO MUSIC,NO LIFEです。

このブログのテンプレートもちょっといじって、どんな曲を聴いているのかわかるようにしてみたので、こういうやつなんだな~、と、生暖かく見守ってくだされば幸いです。できれば、last.fm、Skype、手段は何でもかまいませんので、仲良くなれそう、ともし思われたら、コンタクトをとってくだされば、この上ない喜びです。

あ、導入してみようかな、と思われた方がいらっしゃいましたら、iTunes (Win) + Last.fm Scrobblerの組み合わせが最強です!この曲いいかも、と思ったら、アーティストや曲の情報が非常に細かくわかる上、HMVで購入にまで進むことができます(笑)アーティストの写真もばっちり載っていて、至れり尽くせり、とてもよくできていますので。


→Last.fm Scrobblerなどのダウンロードサイト
別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-11-04 Tue 14:04
VAIO Music Box
最近音楽聴くときは、大抵寝っ転がって、イヤホン(Triple.fi 10 Pro→以前の記事)で、再生ソフトウェアは、VAIO Music Box を使って聴いています。

ソニーの紹介サイト(公式)

今まで、音質がなんだかんだと騒いでたのは何だったんだ、って感じではありますがw

いやあ、やっぱり音楽は音を楽しむ=楽しくなくっちゃ始まりません。それはつまり、音楽の側から、自分の感情、気持ちに寄り添ってきてくれて、自分の気持ちに溶け込んでくれるということ。
このソフトウェアは、それをやってくれるわけです。詳しい説明は公式サイトに任せますが、図を勝手に載せちゃうと、

VAIO Music Box
VAIO Music Box その2

ってな感じです。(何という手抜き・・・ってか、勝手に転載していいんだろーか。やばかったら告知してください>< <ソニーさん)

この、コンテンツの分析が、実に的確にされるので、ものっそいきもちーわけですよ、ええ。
分析自体は、(TZの1.33GhzのC2Dで)4000曲で1時間弱、ってところでしょうか。CPUが占有されたりしますが、まぁ、最初に一回行うだけの作業なので、その間PCほっときゃいいので、苦になりません。

今はジャンルを「シフトアップ」にして楽しんでブログを書いてます。思わぬ掘り出しものの曲あり、そういえばこんな曲持ってたな~ってのあり、そうそう、この曲が聴きたかったんだよ!って選曲ばっかりです♪

しかも、気に入ったらiPodやウォークマンに、プレイリストとして書き出して転送できます。DSD Direct Playerといい、これといい、ソニーってほんと面白い、使えるソフト作ってくれるよな~。最近のソニーが、ソフトウェア重視路線に行ってる、と公言しているだけあります。VAIOユーザーでよかった、と思う瞬間です。
別窓 | PC | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-11-01 Sat 04:57
新時代の幕開け
さて、一息ついて、リトルビッグプラネット(LBP)です。

これ、ゲームの革命ですね。

・徹底した物理演算
 ゲーム中のオブジェクト、その全ての動きが、物理的に合理的なように計算されてます。たとえば、「仮に、キットンでできた四角い、中に綿が詰まった物があって、それを体重5kgくらいの、これまた布で出来た人形が斜め45度からタックルしたら、その四角いのはどう転がって、また、その勢いでぶつかられた別の四角い物体は、どう揺れるべきか。そのとき風が風速何mで吹いていて、地面との摩擦係数はこうだから、最終的な動きはこうなる。」というのを、徹底的に計算してるんです。そしてそれが、ゲーム性に大きな影響を及ぼしてる。視覚とコントローラーを通して、そのふわふわした布の感触が伝わってくるんです。これは、棒振って、体感ゲーム、とか言ってんのとは、根本的に次元の違う話です。

・世界のみんなとわいわいプレイ
 一般プレイヤーにはこれが一番大きいかと思うんですが、言葉の壁を軽々と超えて遊べます。ビビリな俺でも、それはもうやすやすと。これは過去のオンラインプレイでは為しえなかったこと。何故か。理由は、簡単に見えて、実は綿密にプロダクトデザインされた、インターフェイスにあります。敢えて一言で言えば、「アクションだから」。言葉が通じない子ども同士が、仲良くなってしまうようなものです。俺も今日、年齢も性別も、国籍すらわからない(英語のスラングを話していたので、おそらく大多数は英語圏の方)人たちと、引っ張り合ってじゃれたり、ときにはまじめにああだこうだ試して、どうすればクリア出来るか頭を悩ませたりしてました。

・何でここまで出来る!?ステージクリエイト
 とにかく、なんでもできると言っても過言ではない・・・俺自身は作ろうとしたことがないので、何であっこまで自由に、美しいステージができるのかわからないのですが・・・です。熱意ある無数の方々が作った多彩なステージが、日々アップされています。有名どころでは、ICO・ワンダと巨像で熱狂的なファンを持つ(俺もその一人です!)、上田文人さんがステージを作って、βの頃からアップされてます。俺も・・・出来るのかなぁ^^;これはさすがに敷居が高いですwでも、近々、数人で一緒にステージを作れるようになるとのこと。流されやすい俺は、その場の雰囲気で、作成に参加してしまうかもしれませんw

以上、LBPが革新的な点を3つにまとめてみましたが、こういっちゃ身も蓋もないけど、やってもらうのが一番わかりやすい(笑)ああだこうだ俺が言わなくても、やればわかる、まがい物じゃないパワーを持ったゲームですので。
 
MGS4がゲームの未来の一つを示したのと同じように、これもまた新しい未来の一つを示しています。ゲームについてわかったようなことを言ってる、WiiとDSしか持ってないようなガキんちょにこそやってもらいたいですね(笑)本物は有無を言わさず、老若男女問わず、彼ら(彼女ら)をとりこにするはずですから。
リトルビッグプラネットリトルビッグプラネット
(2008/10/30)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-01 Sat 04:02
うっひょ~!
朝焼けが目に染みるぜ・・・もうすぐリアルにもw

グランドセフトオートⅣ(GTA4)おもしれー!!
グラフィック?んなもんどうでもいいんです(笑)とにかく指名手配されて、タクシーで、とりのこされた客が、後ろで「ぎゃああああ!!」とか叫んでる中、突っ走って逃走してこそのGTAでしょうwクレイジータクシーより、クレイジーw

グラフィック?ああ、きたねえよw解像度の問題さえなければ、PS2でも出せんじゃね?ってレベルさw(←書きすぎました、やっぱPS2じゃ無理ですwやっぱ根本的に綺麗になってるし、オブジェクトの数は比較にならないから、ゲーム性もそれなりに変わってるし。細かいところでは、デュアルショック3では、アクセルになるL2/R2ボタンのストロークが大きくなってるので、運転したときにアクセルふかしてる感じがすごくします。あと、道幅(街のつくり・・・パトカーの数なんかも含む)や車のコーナリング性能なんかが考え尽くされていて、快適、かつスリリングに遊べます。) fps?ああ、出てねえよw Wiki見たら、20fpsも出てない場面もあるらしいじゃないのww

でもいいの!夜中に車に娼婦を連れ込んで、ギシアンして体力回復してこそ、GTAw(←それはさすがにどうか?)

しっかしあれですね、こんな面白いゲームを面と向かっては売ってもらえない、中高生が不憫ですね。(俺の生徒は15歳で俺からGTA3借りて、堂々とやってましたがw)勉強でたまった鬱憤を晴らすには最適なゲームなのになー。こんなもんで暴力性が増す、とか考えてるPTAその他諸々の団体が、馬鹿げすぎてて滑稽だ。

次世代機も、グラフィックがどうのこうのじゃない、違うベクトルの魅力で勝負なソフトが、やっと出てきましたね~(Wii?なにそれ。)

トロフィー、ほとんど解放してないので、まだまだほんのさわりしかやってないと思われますが、面白くて脳汁出まくりだったので、短いながらさっそくエントリーにしてみました。


さて、次はPS3の本領発揮の大本命、リトル・ビッグ・プラネット(LBP)について書いてみようと思います。

PS3 グランド・セフト・オートIV【CEROレーティング「Z」】 (特典 なし)PS3 グランド・セフト・オートIV【CEROレーティング「Z」】 (特典 なし)
()
不明

商品詳細を見る
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。