実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-03-01 Sun 02:09
typeP の使い方
typeP、発表、発売されてから、ずっと自分の心の中に、「いつか、ちゃんと扱いたいなあ。でも、具体的な利用シーンのイメージがまとまらない・・・」って感じで、しこりになって残っていました。でも、今日見た夢の中で、ぱっっと、その使用するイメージがまとまったので、書き残したいと思います。

以下、俺の今日見た夢w。

-教室のとあるシーンで。

俺;(今日から新しい席だな・・・と、俺の座る席は・・・ここか。)

そのしっくりこない新しい席に少し緊張しながらも、平静を装う。
授業が始まる。周りの空気の温度も、少し暖かくなったように感じる。

A子;あれ?Tくんの座る席って、こっちじゃなくて、あっちのD組じゃない?

おおっと。新学期早々、ボケかましてしまった!
さっさと自分の荷物まとめて、移動しなくちゃ。
えっと、教科書に、ノートに、おっと、忘れるとこだった、typeP。
これがなくちゃ、電子辞書も遣えないからなー。


・・・ってなかんじ。なんだコレwなんかすっげえ恥ずかしい、私小説をのっけてしまった気分w

まぁ、要するにあれですよ、Tほど本格的に作業するわけでもない、百科事典、英英、和英なんかをささっとひとまとめにできて、それを筆箱みたいに、気軽に扱う- 
そういう用途には、TよりもPだな、って、しっくりきました。電子辞書なんかには、あの、「見ろ、字がゴミの様だ解像度」は、武器になる。


バッテリの駆動時間が、Tぐらいに伸びて、OSが、Atom&SSDにはちょっと容量的にも、重さ的にもキツイVistaではなく、7になれば、あれは神機になる予感がします。

そんな、駄文を、typeTで書き連ねてみた、冬の夜でした。
スポンサーサイト
別窓 | PC | コメント:7 | トラックバック:0 |
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。