実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-03-17 Mon 20:22
Triple.fi 10 Proレビュー
E500を踏んづけて、ノズルをボキっと折ってしまったので(6万3千円がああああああ)、Triple.fi 10 ProをAmazonでポチりました。
さっそくDSD Direct Playerにて、ビールを飲みつつ、今聴きながらレビューしようとしているわけですが・・・
うん、4万6千円の音だ。・・・・・・・・とは言い切れないポテンシャルを秘めてるんですよ、これが。正直、E500には敵わないと思います。現時点では。こいつ、エージングで化けそうな匂いをプンプンさせてるんです。超超低音や超超高音は出てません。でも、エージングで出そうなんです!高音や低音の素性の良さ(締りのよさや、伸びやかさ)は、エージング前のE500を軽く超えてます。

てか、今これ書いてて、CD半分過ぎた辺りで音が変わってきた。これはすごい。4万の音じゃないよ。
期待してた、「うねるような低音」はまだそれほど感じられないものの、心地いい低音域や高音域については既に、エージングを思いっきり済ませたE500を上回ってます。

んじゃ、俺は何が不満なんだろう・・・考えた結果(聴き込んだ結果)、UEらしい、音の定位の緩さにあるのかな、と。でも、これもエージングで軽く乗り越えそうなんですよね。

・・・初めは弱いと感じた中音域も、1時間程度のエージングで、張りが出てきた。。Triple.fi 10 Pro、恐ろしい子!

過去記事:E500PTHのレビューのようなもの


最後に。Triple.fi 10 Proがまがまがしい色じゃない事など(笑)、たくさんのことをご教示頂いた、やへータソに最大限の謝辞を。
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アンプ買い換えてからというもの、 | デジタルガジェット | TA-DA3200ESを導入しました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。