実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-16 Wed 06:54
リモートスピーカー、ブラビア。
いや、リモートサーバーTZと書くべきなのかもしれませんが。いずれにしろ、DLNAのごくまっとうな使い方。・・・なんですけど、自分的にはちょっと斬新でした。

TZをサーバーにして、VAIO Media Plisでその中のコンテンツ(音楽・ビデオ・写真)をブラビアに無線で配信する(TZにケーブルの類は一切つながっていない)→ブラビアは光デジタルでAVアンプ(TA-DA3200ES)につながっているので、それをNS-F525で聴く、という、ただそれだけのことです。

でも、なんか斬新に思えたんですよねえ。

なんでだろう。多分、サーバー(TZ)→TVが無線という点が第一。それから音楽再生なのに、クライアントがTV、しかも高音質という点が大きいのではないかな、と思います。
実際不思議な感覚です。テレビで音楽を聴くって。まぁ、(テレビも消費電力大きいですが)消費電力の大きなデスクトップマシンやPS3を起動させずに、ノートPCとTVの電源を入れるだけで、かなり本格的な音をカジュアルに楽しめるのは、いいですよ、やっぱ。
DLNAって、なんか大仰な感じが実は少ししてたんですが、それの原因が、デスクトップマシンやPS3という、消費電力の大きな機械を経由しなければならない点にあったのか、と合点がいった次第です。

そして、前のエントリーで書いた、HDMIをVAIOが搭載!っていっても全くピンとこなかったのは、ここに理由があったのか、と。つまり、有線(HDMIしかり、音声ケーブルしかり)であることが、自分の中で、「面白くないもの」として処理されていたんだなー、というわけです。
思い返せば、無線LANの黎明期に、ねっころネット(無線で、ケーブルレスでネットを布団の中でネットをするw所謂ラッコトップ)をやり始めた頃から、俺の琴線に触れるキーワードのひとつが、「無線」なんですね。

こう書いていると、近々、ほぼ確定事項なんですが、イー・モバイルで、どこでもネット接続を高速でできるようにする予定なのですが、これを今まで導入してなかったのが自分でも不思議に思えてきました。


それにしても、このブログ、すっかりTZで、ねっころがりながら布団の中で更新するのがデフォルトになってきたなぁwRMはハイビジョン録画機&サーバーに徹していて、24インチのWUXGAのディスプレイ2台は電源を元から落とされて、泣いています(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おお、すげー!! | デジタルガジェット | 新世代のVAIOたち。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。