実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-16 Wed 14:01
おお、すげー!!
ちょっとここ最近の出来事の中で、ダントツにびびりましたよw

何かって、それはVAIO typeZのことです。
なんと解像度1600*900

ちょwおまwwって感じです。TZ買ったの、マジ後悔した!って一瞬思いましたよw

SSDのストライピングができるとか言ってるじゃないですか!!これだけ見たときは、ほんとに後悔しました。・・・が、オーナーメイドの欄を見て一安心。TZみたいに、起動ドライブにSSD、データ領域に2.5inch5400回転HDDを載せることはできないんですね。SSD*2のraid0か、320GBのHDDか、の2択になってました。

1600*900の解像度に加えて、それなりのグラボ、1.35kg、んでもってSSD+HDDの構成ができるなら、ほんとうに後悔するところでした。

あぶねえ、あぶねえw

でも、前にも書きましたが、「持ち歩けるメインマシン」として、一台で全部済ませよう、という方に対しては、どのメーカーのどんなPCよりも(ソニー含め)お勧めできるマシンですね(注1)。

まぁ、TZの方が重さもスタミナも勝っていたので、ほっと胸をなで下ろした次第です。妥協の一切ない、何もあきらめないマシンであるZに対して、モバイルに徹底しているTZ、という、マシンのコンセプトを考えれば当たり前なんですが。重さやスタミナで、ドライブを廃する、という割り切ったマシンであるTZが後塵を拝してたら、TZの立つ瀬がなくなってしまいますからねw

TZとRMを持つ身からしたら、中途半端なマシンに見えてしまいます。何でソニーはSSD+HDDができないようにしたんだろう??ソニーがZというレターに込める意味は、アルファベットの最後ということで、“究極”を表しているからなんですが、それならばSSD+HDD+ディスクドライブ、の2スピンドルマシンにするべきでしょうに。おそらくSSD+HDDはコスト上無理だったのでしょうね。それをTZで実現させていたのは、10周年記念モデル、ということで、コスト度外視だったからだと思われます。

まあ・・・今からどのマシン買う?って聞かれたら、Zの発売される、8月まで待つかもしれませんがw前代Zが壊れるのがもう少し遅かったら、Zにするか、TZにするか、すんごい悩んでた・・・かも?wZがTZの代わりを務められるか?と聞かれれば、答えはNOなので、後悔はないですけどね。いやほんとにw

まとめとしては、ソニー最強なんじゃね?っていう布陣です。ラインナップに隙がありません。さすが。キータッチや静音性に要注目です。


・・・関係ないけど、ミスチルの新曲『GIFT』。最高すぐる。消されてたら⊂⌒~⊃。Д。)⊃

桜井さん、ありがとう。

(注1)モバイルマシンをいくつか使ってきた経験からすると、TZの11.1インチはいいのですが、Zの13.1インチというのは、電車や待合室など、人が並んでる中でひろげるには、(よっぽど神経が図太い人でない限り)はばかられる大きさです。購入する人は、自分の用途をよく考えて、検討すべきでしょう。(俺の場合、鞄にTZがぴったりサイズで、Zは入らないから、選択の余地はないかな・・・)
スポンサーサイト
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いじくるつーる、ではない。 | デジタルガジェット | リモートスピーカー、ブラビア。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。