実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-21 Mon 09:01
省エネ。
こうなったら(どうなったら?)PCの設定をとことん詰めてやろうと思って、1時間ばかり格闘してみました。

方針は「省電力」です。できるだけバッテリーを持たせる設定ですね。んで、できれば静かで速度もあったらな~、というのが理想です。

まずは普段使いのプログラムのSSDへの移動。普通のシチュエーションじゃ、HDDがスピンアップしないようにするためです。タブブラウザ(Sleipnir)、2chブラウザ(JaneStyle)、ランチャー(Orchis)、それから、壁紙1枚、カーソルのポインタデータ1個を、Cドライブの適切なところへ、それぞれ移動させてやります。

音楽データだけは容量が容量なので、SSDに納めることができませんでした。128GBあれば、それも可能なんですが、いかんせん値段が・・・ねえ。リカバリ領域を削除すれば、なんとか収まるのですが、リカバリディスクを作ってあるとはいえ、それも怖い。・・・TZが出たばかりの頃は、SSDの容量が32GBだったので、涙なしには語れない苦労を、先達はしていたようです(特にストレージがSSD32GBオンリーの方々)。

これで、音楽を聴かない限り(&裏で勝手にデフラグされない限り)、HDDがスピンアップすることはなくなりました。普段使いのプログラムをSSDだけで済ませられる、この64GBというのはちょうどいい容量だなー、と改めて思います。

んでもってんでもって、VAIOの設定から、省電力周りの設定を詰めます。ファンの回転を1にしてしまうと、ほっとくと100MHzにまでクロックダウンしやがるので、ファンの回転は5段階中2(どちらかというと静かさ・バッテリーの持ち重視)に。この設定だと、実用的な範囲で(ストレスを一切感じない範囲で)クロックダウンして、バッテリーを持たせてくれます。

あとは輝度を、ストレスを感じない、ぎりぎりまで落とします。LEDというのは、バックライトを使う従来の液晶よりも、輝度が低いときのバッテリーの持ちが極端に良くなる、という特性があります。

その他諸々の細かい設定をいじったら、終了です。

TZオーナー(かつSSD+HDD搭載機持ち)にしか意味のないエントリーでしたが・・・まぁ、チラシの裏ってことでひとつw


・・・余談。1.25kgの、前使ってた、10.5インチのモバイルノート、SRXを何気なく引っ張り出してきたんですが・・・重た!!11.1インチ、1080gのTZとは、数値上じゃ、ほとんど差はないのに、何ですかこの差は。モバイルノートは軽さと小ささが本分だなー、と思った朝でした。
スポンサーサイト
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ん~・・・ | デジタルガジェット | いじくるつーる、ではない。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| デジタルガジェット |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。