実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-22 Tue 20:05
アップルがぼったくってんじゃなくて
typeTZが10周年記念モデル、ということで、赤字で出してるだけなんですね。

以前にもちらっと書きましたが。

やへータソのコメントをきっかけに、もう一回typeZのシュミレーションをしてみたのですが、構成を俺のマシンにできるだけ近づけて(ただしワンセグは無し)、64GBx2で、容量128GBか、すくねーな~とか思いながら、SSDのストライピングの構成にしてみたら、、、うっは、464800円!これ、周辺機器抜きの値段ですよ?

んー、しょうがないので、SSDx1(64GB)の構成にしてみても・・・375800円!!

おいおい、別にブルーレイ選択してるとか、そういうわけじゃないんだよ??

と、いうわけで、typeTZは赤字モデル、確定。

自動車デザイナーの兄に聞いたことがあるんですが、技術デモetc、理由は様々ですが、最初から赤字を見込んで出すモデルはあるんだそうです。VAIOの場合、10周年記念モデルのtypeTZがそうだった、というわけですね。

typeZで、SSD+HDDができないのは、コストが跳ね上がっちゃうから、という俺の推測は正しかったわけです。

と、いうわけで、10周年記念モデルだからこそ、あの値段で出ている、typeTZがVAIOのラインナップから消える日はそう遠くないと思われるので、いい感じのモバイルノートを買おうかな、と思われてる方は、急いだ方がいいかもしれません。
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-07-22 Tue 11:30
モバイルマシンの条件
今、TZ購入後、初めて外に持ち出して、これを書いている訳ですが・・・

モバイルマシンとはかくあるべし、というのを思い知らされた感じです。

これまで、「モバイル」と名のつくマシンはこれを含めて3台使ってきました。

バイオノートSRX。リンク先を見ていただければわかりますが、10.5インチ液晶で1.25kgと、それなりに軽量なマシンです。かな~り持ち出して、酷使してましたが、正直ちょっと重い(出かけるのに気合いがいる)マシンだったのは確かです。また、バッテリーも、持ちませんでした。モバイルするのに、スタミナが伴わないのはNGです。

バイオノートZ。14.1型液晶、2.1kg、のマシン。正直これはモバイルマシンじゃないだろ、と思うのですが、ソニーはモバイルだと言い張っていましたw
持ち出した回数は十数回にしかならないと思いますが、正直これをモバイル、というのはきつすぎる!重さはリュックに入れるか、なんとかすれば、なんとかなるんですよ。問題はそのでかさ。電車の中なんかでは当然のようにひろげられないのみならず、喫茶店やファミレスでひろげて作業するときも、なんか、ず~っと、がんばっちゃってる感が漂うんですよね(笑)ぶっちゃけこれはデスクトップ代替機でした。

・で、TZはどうなのか。これはモバイルマシンです。堂々と言えます。SRXやZのような重さはなく、Zのようながんばっちゃってる感もありません。自然に風景に溶け込むんですよね。これはモバイルマシンとしてみた場合、非常に大きなファクターだと思います。だって、作業してたら、なんか迷惑なんじゃないか、その場にそぐわないんじゃないか、とか、どきどきおびえながら使うなんてこと、したくないですしね。
TZは、ひろげてても、誰もこっち向いたりはしません。キーボードの打鍵音も、動作音も非常に静かなマシンなので、まるで携帯でもいじってるかのようです。
ただ・・・LLバッテリーも持ち歩く、となると、ちょっとだけ重くてかさばります。まぁ、それもSRXやZからしたら誤差のようなものですがwまぁ、、スタミナに不安を抱えながら、できるだけ重たい作業をさせないように気をつけて使う、なんてのは耐えられないので、OKです。今も、オープンオフィスのDLとインストールを平行してさせながら、これ書いてます。

結論。今度出るtypeZ、魅力的なのはひっじょーによくわかりますが、モバイルしたい、と思う人はやめときましょう。13.1インチはでかすぎます。

モバイルマシンの条件は、1kg±300g、11.1インチ以下の本体サイズ最低10時間のスタミナです。
(一般的には、2kgが持ち歩けるかどうかの境界、と言われていますが、俺は経験上、重さ云々よりも本体サイズの方が大切だと考えます)。
(こういう観点からすると、MacBook Airは論外だということがわかります。あれはジョブズのオナニーマシンです。モバイルする、となると、あれを選ばざるを得ない、林檎信者がかわいそうになります。皮肉にも、ジョブズはMacBook Airの薄さを強調するための比較対象に、VAIO typeTZを選んだ訳ですが、自爆以外の何者でもないでしょう。悔しかったら、2.5インチのHDDとSSDを積んでみろ、2スピンドルの構成を選ばせてみろ、薄さを均一にしてみろ、18時間バッテリーを持たせてみろ、フットプリントをTZと同じにしてみろ、と言いたい。)


余談;・・・待合室で書き終わっちゃった(*゚∀゚)=3バッテリー、10%も使いませんでしたw
別窓 | PC | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-07-21 Mon 21:10
ん~・・・
難しい。Linuxの話です。

VirtualPC2007に、Linuxの一種のubuntuを入れて、インストールしてみようとしているのですが、どうもうまくいかない。

先人の残した記録をトレースしようとしているのですが、何故か、俺の環境では、「F4キーを押して「800 x 600 x 16」を選択。」ということができないのです。isoイメージの読み込みまではいけるんですけどねえ。。。何が悪いのか、素人の俺にはさっぱりです。

ubuntu.jpg
<例のごとく、クリックで拡大。TZの解像度、1366*768です。>

このまま投げ出してしまいそうな予感がぷんぷんします。

だれかボスケテ(ノ∀`)


このままあきらめて、C++の勉強あるいは、Excelあたりをもっとちゃんと使いこなせるようになった方が、有益かなあ。てか、現実逃避してないで、Excelでも勉強汁!という、神様のお告げなのでしょうか。ノートですいすい起動したときは、ちょっと感動したんだけどな・・・。


参考リンク;Webプログラマー+WebデザイナーなZARU日記さん
別窓 | PC | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-07-21 Mon 09:01
省エネ。
こうなったら(どうなったら?)PCの設定をとことん詰めてやろうと思って、1時間ばかり格闘してみました。

方針は「省電力」です。できるだけバッテリーを持たせる設定ですね。んで、できれば静かで速度もあったらな~、というのが理想です。

まずは普段使いのプログラムのSSDへの移動。普通のシチュエーションじゃ、HDDがスピンアップしないようにするためです。タブブラウザ(Sleipnir)、2chブラウザ(JaneStyle)、ランチャー(Orchis)、それから、壁紙1枚、カーソルのポインタデータ1個を、Cドライブの適切なところへ、それぞれ移動させてやります。

音楽データだけは容量が容量なので、SSDに納めることができませんでした。128GBあれば、それも可能なんですが、いかんせん値段が・・・ねえ。リカバリ領域を削除すれば、なんとか収まるのですが、リカバリディスクを作ってあるとはいえ、それも怖い。・・・TZが出たばかりの頃は、SSDの容量が32GBだったので、涙なしには語れない苦労を、先達はしていたようです(特にストレージがSSD32GBオンリーの方々)。

これで、音楽を聴かない限り(&裏で勝手にデフラグされない限り)、HDDがスピンアップすることはなくなりました。普段使いのプログラムをSSDだけで済ませられる、この64GBというのはちょうどいい容量だなー、と改めて思います。

んでもってんでもって、VAIOの設定から、省電力周りの設定を詰めます。ファンの回転を1にしてしまうと、ほっとくと100MHzにまでクロックダウンしやがるので、ファンの回転は5段階中2(どちらかというと静かさ・バッテリーの持ち重視)に。この設定だと、実用的な範囲で(ストレスを一切感じない範囲で)クロックダウンして、バッテリーを持たせてくれます。

あとは輝度を、ストレスを感じない、ぎりぎりまで落とします。LEDというのは、バックライトを使う従来の液晶よりも、輝度が低いときのバッテリーの持ちが極端に良くなる、という特性があります。

その他諸々の細かい設定をいじったら、終了です。

TZオーナー(かつSSD+HDD搭載機持ち)にしか意味のないエントリーでしたが・・・まぁ、チラシの裏ってことでひとつw


・・・余談。1.25kgの、前使ってた、10.5インチのモバイルノート、SRXを何気なく引っ張り出してきたんですが・・・重た!!11.1インチ、1080gのTZとは、数値上じゃ、ほとんど差はないのに、何ですかこの差は。モバイルノートは軽さと小ささが本分だなー、と思った朝でした。
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-07-20 Sun 15:27
いじくるつーる、ではない。
いじくるつくーる、です。その多機能さに掘れた、じゃない惚れた、感動した!!

作っているのは、すっきり!!デフラグで有名なINASOFTさん。

いや~、XP時代はPC買ってきたら、WINDOWSのアップデート→余計なバンドルプログラムのアンインストール→窓の手で高速化、がデフォルトだったもんですが・・・VISTA機2台(VAIO typeR master/type TZ)は、元々の性能が非常に高いこともあって、すっかり、3番目の手順、「窓の手で高速化」を忘れておりました。余計なスタートアップを切るくらいで、めっちゃ快適なんですもん。世間では2chを中心として、VISTAは重い、重い、不安定だ、不安定だと、自分で持ってもない奴ら(か、低スペック乙、なPCを買っちゃった人)が吠えてますが、高性能なPCでは、その性能を遺憾なく発揮してくれて、非常に快適です。(例;物理メモリを積めば積んだだけ使ってくれて、載せた分に見合った高速動作をしてくれる。XP(&それ以前のOS)はメモリを使い切ってくれず、たくさん載せても、宝の持ち腐れにするOSです。)

今日、なんとな~く、ガジェットのCPU&メモリメータを見てて、「CPU遊んでるな~、メモリ余ってるな~」とか思ってたわけです。んで、「あ、俺OSのカーネル、メモリの上に置くの忘れてんじゃん!」と、思い出した次第です。

で、早速窓の手公式サイト見たら・・・対応OS、XPで時間が止まってるやん・・・。VISTAは、互換モードで、XPで動作するソフトはほとんど動いたりしますが、レジストリをいじる、これ系のソフトで、正式に対応を謳っていないものは、さすがに怖くて手が出せませんw

んで、ちょっくらネットを探して、見つけたのがこの、いじくるつくーる、です。

結果。ん~、速くなった・・・かな?w
てか、OS(のカーネル)をメモリの上に展開することは、そもそもOSがフラッシュメモリであるSSDのドライブに乗っている、このtypeTZで、果たして意味のある設定変更だったのだろうか。。。激しく疑問だったりしますw(一つのサーバから同時にDLできる数を変更したので、ウェブブラウジングに関しては、確実に快適になりました)。

まあ、普通のPCはSSDなんかにOS乗っけてないわけで、そういう一般的なマシンでは確実に高速化が望めます。2004年に更新が止まっている窓の手よりも、ずっと高機能なこのソフト、XPユーザーにもお勧めです。


*使用の際は、復元ポイントを作るのを忘れないようにしてくださいね!
別窓 | PC | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | デジタルガジェット | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。