実際に自分で使ってみて、弄って楽しい、ほんとにクォリティーの高いものを紹介していこうと思います(口悪いですがw)。ほんのちょっぴり刺激的な、「なんちゃってマニア」の世界をのぞいてみませんか?

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-12-20 Sat 20:02
ヘッドホン買いますた(・∀・)
表題の通り、断線してお亡くなりになってた、ゼンハイザーのHD25の後継として、ソニーのMDR-SA5000を買いました。いや、これは世にあまたあるヘッドホンの中で、飛び抜けて音質がいいといって、間違いがないでしょう!とんでもなくいい音を奏でやがります!!

母親に、ちょっと聴かせてあげたら、離してくれなくなりました(笑)息をのみながら音楽を聴いた後の感想は、「頭の回りに楽器が並んで、目の前でボーカルがささやいてくるのね!」親父も、「こりゃいいもんだ」と。

視聴するまでは、ゼンハイザーのHD650、AKGのK501も候補に考えていたんですが・・・・ねw

SA5000に比べると、HD650は音が平べったく、野暮ったく感じます。K501は、逆に、線が細すぎるように感じてしまいます。

注意点としては、ステレオ標準プラグオンリーなので、アンプ以外の、ポータブルオーディオやPCで聴くためには、ステレオミニプラグへの変換アダプター(PC-233HSなど)が必要になることがまず第一点。
それから、音源の粗が、いやってほど再現されてしまうので、圧縮音源が耐えられなくなることくらいでしょうか(笑)俺も、ちょっとこれは半端ないぞ・・・と思い、mp3の320kbpsで圧縮してるライブラリを、好きなアーティストだけでもwavでリッピングし直そうと決めた次第です。
あと、密閉ダイナミック型とありますが、実際はオープンエアーだってことです。なので、運用は家の中オンリーになるでしょう(音漏れも激しいので)。ま、でかいから、これを外で使おうって人はいないでしょうけどもw

とにかく、定価77700円もするだけあります。それだけの実力を十分に持っています(空気感の表現が特に素晴らしい。息遣いまで再現する、とはこういうことか、って感じです。)。絶対に後悔しません(←たぶんw。人によりますww)

まあ、ヘッドホンを検討している人は、一考の価値のあるモデルだと、俺がソニオタなのを抜きにしても断言できます。素晴らしいです。


レビューサイト。検討してる方にとっては、有用な情報がたくさんあります。

追記:レビューサイトにもあったような気がしますが、若干ハイ上がりな特性です。PCの場合、WinampやLilithなど、イコライジングできるプレイヤーで、多少Flatから補正をかけると、良好な結果になるようです。・・・・って、SA5000を買うような層の方々には、釈迦に説法ですが(笑)


SONY ステレオヘッドホン MDR-SA5000SONY ステレオヘッドホン MDR-SA5000
(2004/12/10)
不明

商品詳細を見る
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-12-08 Mon 05:04
Winamp+Last.fm+ASIO4ALL=最強
前のエントリーで、「iTunes (Win) + Last.fm Scrobblerの組み合わせが最強です!」とか書いといてなんなんですけど、やっぱiTunesの音質に耐えられないです。無理。りんご会社って耳腐ってんじゃないか、と思うほど音質が悪い。

なので、仕方なしに、Last.fmとASIOの両方に対応しているWinampを導入しました(Last.fmはWinamp、iTunes、Windows Media Playerの3つにしか対応していない)。ASIOなどの導入に関しては、以前オンボ音源のノートPCで経験済みなので、全く問題なし(ちなみに.exe版の方をインストール)。Last.fm Scrobbler、Winamp、ASIO4ALL、それからスキンなんかを一通りインスコ&設定して、それから念のため再起動で、さくっとASIO環境のできあがりです。デスクトップPCは、ハードウェアレベルでASIOに対応してるんですが、B5のノートPCでは仕方ありません、これが最善の策でしょう。ちなみに導入に関しては、以前はASIOで音質改善さんを無断でリンクさせていただいたんですが、JUN的日常と叙情さんの方がよくまとまっているような気がするので、今回はこちらを無断リンクさせていただこうと思います(笑)

スレッドの優先度を多少高くして、レイテンシは256 192 128に。俺のノートに積まれてる超低電圧版Core2DuoU7700@1.33GHzでは、他の作業の妨げにならない&プチノイズが入らない、かつ音質を良くするには、こんくらいがぎりぎり限界っぽいです。ま、CPU使用率は、10~20%くらいを行ったり来たりする程度のレベルなんですけどね。バッテリ駆動で音楽聴きながら、他の作業することを考えたら、まあ妥当なラインでしょう。

これで、Last.fmに曲情報を反映させながら、かつ高音質で聴けるようになりました。
iTunesなんか、ほんの一時期とはいえ、何で使ってたんだろう。きっと頭のネジがいくつかゆるんでたんだと思います(笑)

てか、今回一番びっくりしたのが、Winampの進化具合。まるっきりiTunesの操作性&一覧性をマネ凌駕しており、さらにマニアも納得の細かい設定項目、そして、SHOUTcastにデフォルトで対応しているなど、ツールとしての完成度には、目をみはるものがありました。

iPodユーザーの方でも、iTunesは転送だけの使用に止めといて、とっととWinampをASIO化したもので音楽聴いた方が、百万倍は幸せになれますよ。断言できます。音が豊かになり、でも見通しよく締っており、オンボでもここまでやれるのか!とびっくりすること請け合いです。PC用のスピーカーからではなく、ホワイトノイズの入らない、質のいいイヤホンジャック経由で、これまた良質のイヤホン/ヘッドホン、あるいはピュア用のスピーカーを使うこと前提の話ですけどねw


*導入にあたって、なにかわからないことや、困ったことがありましたら、自分にメールなり、Skypeなりで聞いてくだされば、できる範囲でサポートいたします。

*ASIO4ALLの設定などの細かいことや、iTunesのASIO化(!)などについての情報は、こちらのサイトへ。各プレイヤーの簡易レビューなどもあり、とても有用です。
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-12-04 Thu 02:37
GTA4の熱、冷めやらず
これ、当初思ってた以上にすごいことやってるって、やりこんでいくうちに気づき始めました。
たとえば、人間は関節単位で物理エンジンによって制御されるオブジェクトであるため、銃で撃たれるとよろめいたり(足に当たったりすると、また違うよろめき方をする)、そこが階段だったりすると、バランスを崩して転がり落ちたり。酔っぱらってると、段差につまずいて、他の人を巻き込んで倒れたり。

たとえば、マップとマップの継ぎ目が一切なく、いわゆる「見えない壁」が存在しない。ハイウェイを猛スピードで走って、フェンスを跳び越えると、そこは容赦なく海。でも、泳いで帰ったりw。継ぎ目がないから、警官も、容赦なくドアや建物の境、階段を超えてきたり。銃もガラス越しに撃たれたり、遮蔽物にしていたものが銃に撃たれて崩れたり壊れたりして、弾が貫通してきたり。

たとえば、車を運転してて、エンジン部分ばっかりダメージを受けると、エンジンがかからなくなったり、タイヤ部分をぶつけてサスをやっちゃうと、まっすぐ走れなくなったり。なんかこれ、どうも車全て、人全て、建物やおいているオブジェクト全て、要するに何もかもに、かなり細かい単位でダメージ判定ともいうべきものが設定されているみたいなんです。だから、ガールフレンド(セクフレとも言うw)を車に乗せるときに、こっちがちょっとぶつかってしまう(ここで少しダメージ)→警官に銃で撃たれる(ここで致命傷)みたいなことが起きたり。

たとえば、道路のコーンを車で轢いてつぶしたときと、人を轢いたときとでは、全然感触が違って、人を轢いたときは、なんか、グチャって感じで伝わってくるわけで、なんか血しぶきといい、すんごくリアルだったり。死にかけの倒れてる人をヘッドショットで息の根を止めると、首だけ「カクン」ってまがったりして、すんごい罪悪感にさいなまれたりw

たとえば、ショーのジョークが本気で面白かったり。かかってくる音楽は極上(自分でラジオ局を選べる)、テレビ番組はいくつあるかわからない。主人公の、ニコ・ベリックがほんとにいいやつで、つらい過去を持ってて、一筋縄ではとてもいかない、深みを持ったキャラクターで、従って時にシリアスになるストーリーだったり。セリフ回しやその他諸々が、子どもなんか眼中にない、婉曲的な表現を使った、ウィットや皮肉に満ちたものだったり

ぱっと思いつくだけで、こんだけあるわけで、うまく言えないけど、こりゃフレームレートがどうのこうので判断しちゃいけないゲームだぞ、と。

ちなみに、前のエントリーでけちょんけちょんに書いたグラフィック、汚いっての、あれ嘘ですwwものすんげえ綺麗。朝日、夕日、嵐、霧雨、晴天、そしてそれらに彩られた、人や街並み、空、海。スポーツカーをアクセル全開でぶっ飛ばしたときのブラー表現の美しさ(過ぎゆく街並みだけでなく、他の車との相対速度の演出による快感)。ヘリでホバリングしたときの水面の表現。


とにかく、いつ飽きるかわかりません。Wii以外の次世代機(Wiiは次世代機じゃないけどw)のオーナーは、問答無用で買いなソフトだと思います。ガキ向けの、マリオやなんかのカジュアルゲーだけしかやりたくないもん!って言うんなら、無理強いはもちろんしませんがw



PS.俺は今回の件で、ロックスターに惚れ込んだので、PSPのGTAVCSと、LCSも買いますが、PSPじゃ、根本的に違うゲームだろうな・・・ここまでプレイしたときの快感はないだろうな。てか、GTA3がPS2レベルだったから、あんなもんなんだろな。ま、GTAが携帯機でできるってのは、帰省したときの暇つぶしには贅沢すぎるので、文句は言いませんよ、ええ。たとえそこに、バグや処理落ちがあっても(笑)
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-22 Sat 17:40
PLAYSTATION@HOME
HOMEのクローズドβテスターに当選しました。まぁ、申し込みした人は、大抵当選してるようですがw

利用規約が結構厳しく、テスターとして知り得た情報は、外に漏らしちゃいけない、ということで、あんまりいろいろは書けないんですが・・・仮想現実ってこんな感じなんだー、と強く思いました。アメリカンな顔が多い中、なぜか俺は、自分そっくりの顔・髪型のアバターを作ることができ、昨日、早速DLして、いろんな施設を回ってみました。

まだβということもあり、いくつかの遊技施設が稼働しているほかは、プロモなどが流れる電光掲示板をみんなで眺めたり、といったことくらいしかまだできなかったのですが、チャット周りがよくできており、あれこれ感想を言いながら、何人か新しくフレンドになることができました。

そこに吹く風までをも感じさせてくれるほどの力の入れようで、ゲーム(機)の可能性をまた一つ、感じさせてくれるものでしたね。まだまだ、どんどん進化していってくれそうな感じがすっごくしました。

SCEは守りに入らず、果敢に新しい技術や取り組みにチャレンジしているので、非常に好感がもてます。がんばれSCE!
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-22 Sat 16:58
last.fm
前回、VAIO MusicBoxを使ってます、と書いた、舌の根も乾かぬうちに、音楽の聴き方が根本的に変わりました。知っている人は知っている、last.fmです。名前だけは知っていたのですが・・・詳しく教えてくださった、きよぽんさんありがとうございます!

一言で言うと、音楽の趣味が近い人とお友達になれたり、自分の好きな音楽と似た傾向の音楽をどんどん発掘できるツールです。これ、音楽人生始まって以来の大革命でしたよ。タグや、似た傾向の音楽が好きな人や、アーティストを伝って、自分の知らない世界をどんどん開拓することができます!

最近、中高生の頃のように、日々新しい音楽と出会うという、刺激的な毎日とはほど遠い生活を送っていて、もう歳かな(笑)とか思っていたんですが、なんか、自分の中の熱いものがわき上がってくるのを感じました。

やっぱり音楽って楽しい!NO MUSIC,NO LIFEです。

このブログのテンプレートもちょっといじって、どんな曲を聴いているのかわかるようにしてみたので、こういうやつなんだな~、と、生暖かく見守ってくだされば幸いです。できれば、last.fm、Skype、手段は何でもかまいませんので、仲良くなれそう、ともし思われたら、コンタクトをとってくだされば、この上ない喜びです。

あ、導入してみようかな、と思われた方がいらっしゃいましたら、iTunes (Win) + Last.fm Scrobblerの組み合わせが最強です!この曲いいかも、と思ったら、アーティストや曲の情報が非常に細かくわかる上、HMVで購入にまで進むことができます(笑)アーティストの写真もばっちり載っていて、至れり尽くせり、とてもよくできていますので。


→Last.fm Scrobblerなどのダウンロードサイト
別窓 | 音楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |
BACK | デジタルガジェット | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。